特集

たくさんの人に京都の本当の魅力を知ってほしい。そんな想いから、Why KYOTO? の特集は生まれています。わたしたちは京都で過ごしながら、日々京都の魅力を実感しています。京料理、お茶席、町家、祭、習慣、京ことば….。随所に感じられる四季折々の楽しみ方やおもてなしの心。十人十色の旅がある中で、それが最大限素晴らしい時間になることを願って、古き良き京都、そしていつ訪れてもどこか新しい京都の魅力を、これからも発信していきます。WEB版でも本誌の特集を公開していますので、ぜひお楽しみください。

京都のなかでも、その建築意匠の素晴らしさで有名な銭湯がある。言わずと知れた「船岡温泉」だ。豪快な石組みの門前に立つと、美しいカーブを描いた入り口の屋根。これは「軒唐破風(のきからはふ)」と呼ばれる屋根の装飾の一つで、由緒ある寺などに用いられる日本独自の建築意匠。船岡温泉は唐破風造の建築物として国の登録有形文化財に指定されている。 船岡温泉のはじまりは1923年。もともとは、料理旅館「船岡楼」付属の施設だった。船岡温泉の建つ西陣という地域は織物の町として知られ、当時は京都のなかでもとくに盛況なエリア。「船岡楼」は、そんな西陣で趣向を凝らした料理を堪能したあとにお風呂に入ってのんびりするという娯楽の場で、客の多くが若い旦那衆だったことから、庭にも建物にも贅を尽くしたという。ちなみに、日本で初めて電気風呂をつけたものこの船岡温泉。電気風呂は、浴槽の湯に微量の電気が流れており、電気を身体に通すことで血流を良くする効果があるといわれている。現在では多くの銭湯に見られるが、この時代には画期的な事だったと思われる。 銭湯としての営業を始めたのは戦後1947年のこと。戦争で料理旅館は廃業してしまったが、外観は当時のままだ。風呂の種類も豊富。大浴場のほかに、先出の電気風呂、薬風呂、高温深風呂、泡風呂などがあり、露天風呂には檜風呂と岩風呂がある。露天風呂は男女日替わり。また、日曜日は朝8時から営業。夜の幻想的な雰囲気とはひと味違う、清々しい雰囲気を楽しめる。 見どころ満載な船岡温泉   船岡温泉の内部を少し紹介しよう。脱衣所に入るとまず目に入るのが天井にはめ込まれた木彫りの天狗。天狗とは日本に古くから伝わる妖怪だ。天狗とともに刻まれているのは12世紀の有名な武将、源義経。のちにチンギス・ハンになったとも伝えられるなど伝説の多い人物で、若き日の義経が天狗に剣術を教わる様子が刻まれている。また周囲に配された「欄間」という建具に施された透かし彫りも見事。京都で行われるさまざまな祭りが彫られている。 浴室に向かうには石の橋を渡る。この橋は実際に京都の街で使われていたもの。今はもうないが、1932年、路面電車が開通した際に不要となった橋を移築したのだという。     露天風呂の一つ、岩風呂の岩は京都市北部の鞍馬や貴船の岩。パワースポットとして知られるエリアなので、岩の力を感じることができるかもしれない。またもう一つの露天風呂は総檜造り。湯船に浸かりながら鯉が泳ぐ立派な庭園を眺めることができる。   そして、目を見張るのが脱衣所などに多数あるマジョリカタイル。もともとはスペイン・マヨルカ島で流行していたもので、1900年代前半に日本でも流行した。凹凸と華やかな彩色が特徴だ。船岡温泉は飲み物も豊富。ガラス瓶に入った日本人にとっても昔懐かしい雰囲気は船岡温泉の風情によく合っている。   ▼船岡温泉 住所:京都市北区紫野南船岡町82-1 TEL:075-441-3735 営業時間:15:00~翌1:00(日曜は8:00〜) 定休日:無休 入浴料金:¥430 禁煙 http://funaokaonsen.net/ ▼アクセス 京都駅から市バス乗車、「千本鞍馬口」より徒歩約5分。または地下鉄「鞍馬口」駅から徒歩約20分。...

銭湯の利用法を具体的に説明しよう。 銭湯の開店時間は店によって異なるがおおむね15時くらいから。暖簾をくぐったら、靴を脱いで下駄箱へ。鍵である木札を持って中に入ろう。「番台」と呼ばれる受付で入浴料を支払ったら脱衣所へ入る。この時点で男女が分かれるので入り口は必ず確認すべし。 脱衣所では、自分の荷物は備え付けのカゴ一つにまとめる。カゴごとロッカーに入れるのが京都式だ。    そしてロッカーの鍵を持っていよいよいよいよお待ちかねの浴室へ。湯船はみんなが入る清潔な場所なので、湯船に浸かる前に体を洗うのがルールだ。湯船に入るときは、まず手桶に湯を組み、ざっとかかることを忘れずに。銭湯の湯は熱いので湯加減を確かめながら入ろう。湯船の数は銭湯によって異なるが、微量の電気が流れている電気風呂や薬草風呂、水風呂、サウナなどもあるのでいろいろと入ってみよう。またサウナに入るときには、体を軽く拭いて入ること。    浴室から出るときにも体を洗ったタオルを固く絞って体を拭いてから。足から雫を垂らして脱衣所に出るのはマナー違反だ。脱衣所で着替えたら、ぜひ飲み物を。風呂上がりの冷たい飲み物は格別だ。 男女で銭湯を訪れる際には、どのくらい入っているかを約束してから入らないと、寒空のもとで待つはめになるのでご注意を。 ▼梅湯 住所:京都市下京区木屋町通上ノ口上ル岩滝町175 TEL:080-2523-0626 営業時間:15:30~23:00 定休日:木曜 入浴料金:¥430 禁煙(外に喫煙スペースあり) 無料WiFiあり ▼アクセス 京都駅から市バス乗車、「河原町正面」より徒歩約5分。または京阪「清水五条」駅から徒歩約10分。  ...

日本の公衆浴場「銭湯」は、少し不思議だ。体を洗う場所なのに、建物や浴室には趣向が凝らされ、まるで「サムライ」の時代の日本を訪れた気持ちになる。今、日本では日本の庶民文化の結集ともいえる銭湯があらためて注目され始めている。 日本がまだ武士の世だった17世紀以降、銭湯は日本の庶民生活に欠かせないものだった。人々は銭湯で一日の疲れを癒し、また近所の顔なじみと親交を深めた。しかし1960年代以降、内風呂の増加に伴い銭湯は激減。京都で1955年には600軒近くあった銭湯も、今では110軒ほど。けれど今、この銭湯が日本の伝統文化、それも庶民の文化が感じられる街なかの特別な空間として見直され始めている。 「京都の銭湯の特色は、一軒ごとに個性があること。とくに浴室のタイル絵の多様さには驚かされます」。24歳の若さで2015年5月、銭湯経営の世界に飛び込んだ湊三次郎さんはいう。湊さんの経営する「梅湯」の浴室には大きな噴水があり、脱衣所には客を手招きする猫や風呂に入る猿の置物や近隣の作家が作った雑貨が並ぶ。この雑多な雰囲気も梅湯の個性の一つだ。自身も無類の銭湯好きだという湊さん。大学時代には同好会を立ち上げ、全国の銭湯を自転車で巡った。梅湯が廃業すると聞いて、矢も楯もたまらず引き継いだという。     一方でこんな声も聞かれる。「外国人にとって銭湯は、最初は少し気恥ずかしいだろう。けれど、きっとすぐに好きになるよ」。フランスから京都へ住まいを移した画家、Yann...

日本三大酒処、伏見の日本酒の魅力とは? 世界最大級の旅行サイト「トリップアドバイザー」外国人に人気の日本観光スポット部門で第1位に選ばれた伏見稲荷大社の建つ京都・伏見は、日本屈指の酒処としても知られる。伏見最古の酒蔵「増田德兵衞商店」の第14代当主・増田德兵衞さんと、伏見で日本酒を楽しむ「JD会」を主催するJason...