豪華絢爛!京の名物銭湯 船岡温泉

京都のなかでも、その建築意匠の素晴らしさで有名な銭湯がある。言わずと知れた「船岡温泉」だ。豪快な石組みの門前に立つと、美しいカーブを描いた入り口の屋根。これは「軒唐破風(のきからはふ)」と呼ばれる屋根の装飾の一つで、由緒ある寺などに用いられる日本独自の建築意匠。船岡温泉は唐破風造の建築物として国の登録有形文化財に指定されている。

船岡温泉のはじまりは1923年。もともとは、料理旅館「船岡楼」付属の施設だった。船岡温泉の建つ西陣という地域は織物の町として知られ、当時は京都のなかでもとくに盛況なエリア。「船岡楼」は、そんな西陣で趣向を凝らした料理を堪能したあとにお風呂に入ってのんびりするという娯楽の場で、客の多くが若い旦那衆だったことから、庭にも建物にも贅を尽くしたという。ちなみに、日本で初めて電気風呂をつけたものこの船岡温泉。電気風呂は、浴槽の湯に微量の電気が流れており、電気を身体に通すことで血流を良くする効果があるといわれている。現在では多くの銭湯に見られるが、この時代には画期的な事だったと思われる。

銭湯としての営業を始めたのは戦後1947年のこと。戦争で料理旅館は廃業してしまったが、外観は当時のままだ。風呂の種類も豊富。大浴場のほかに、先出の電気風呂、薬風呂、高温深風呂、泡風呂などがあり、露天風呂には檜風呂と岩風呂がある。露天風呂は男女日替わり。また、日曜日は朝8時から営業。夜の幻想的な雰囲気とはひと味違う、清々しい雰囲気を楽しめる。


見どころ満載な船岡温泉

 

船岡温泉の内部を少し紹介しよう。脱衣所に入るとまず目に入るのが天井にはめ込まれた木彫りの天狗。天狗とは日本に古くから伝わる妖怪だ。天狗とともに刻まれているのは12世紀の有名な武将、源義経。のちにチンギス・ハンになったとも伝えられるなど伝説の多い人物で、若き日の義経が天狗に剣術を教わる様子が刻まれている。また周囲に配された「欄間」という建具に施された透かし彫りも見事。京都で行われるさまざまな祭りが彫られている。
浴室に向かうには石の橋を渡る。この橋は実際に京都の街で使われていたもの。今はもうないが、1932年、路面電車が開通した際に不要となった橋を移築したのだという。

 

 

露天風呂の一つ、岩風呂の岩は京都市北部の鞍馬や貴船の岩。パワースポットとして知られるエリアなので、岩の力を感じることができるかもしれない。またもう一つの露天風呂は総檜造り。湯船に浸かりながら鯉が泳ぐ立派な庭園を眺めることができる。

 

そして、目を見張るのが脱衣所などに多数あるマジョリカタイル。もともとはスペイン・マヨルカ島で流行していたもので、1900年代前半に日本でも流行した。凹凸と華やかな彩色が特徴だ。船岡温泉は飲み物も豊富。ガラス瓶に入った日本人にとっても昔懐かしい雰囲気は船岡温泉の風情によく合っている。

 



▼船岡温泉
住所:京都市北区紫野南船岡町82-1
TEL:075-441-3735
営業時間:15:00~翌1:00(日曜は8:00〜)
定休日:無休
入浴料金:¥430
禁煙
http://funaokaonsen.net/

▼アクセス
京都駅から市バス乗車、「千本鞍馬口」より徒歩約5分。または地下鉄「鞍馬口」駅から徒歩約20分。

whykyoto
whykyoto