今日は北野をぶら~りお散歩

袋物金具・口金・がまぐち 「まつひろ商店」上七軒店

パチン、パチン。築80年の元お茶屋を改装した店内に響く、どこか懐かしい音。ここは京都最古の花街、上七軒にあるがま口専門店「まつひろ商店」です。店頭に立つ松井達彦さんはお客様が購入されたがま口を包む前に、もう一度口金の閉まり具合を確認します。パチン、パチン。きつくもなく、ゆるくもない、絶妙の手ごたえを探りつつ。

昭和60年代まで実際に使われていた建物をほぼそのままの状態で使った店内には時代を感じさせる古い箪笥や引き出しに大小様々ながま口が所狭しと並んでいます。

がま口といえば、お母さんが前掛けエプロンのポケットに入れて夕飯のお買い物に出かけるという光景が目に浮かびますが、実は明治初期にヨーロッパから伝わったもので、当時のフランスで流行していたカバンが起源と言われています。

「まつひろ商店」には日本の伝統的な柄からモダンな柄までバラエティに富んだ布を使い、多様な用途に合わせたがま口が揃っています。ドレスにも合いそうなバッグからアクセサリーを入れる小さなものまで。選びだすと時を忘れてしまいそう。

価格帯は小さいもので700円台から。口金がガマ(カエル)の口のようにぱっくりと開くことから名が付きましたが、丈夫で使い勝手のいいこの形は職人さんの手仕事によるものです。たくさんある商品の中から手に馴染む一番のお気に入りを探しに暖簾をくぐってみませんか?

●「まつひろ商店」上七軒店
電話:075-467-1927
住所:京都市上京区今出川通七本松西入真盛町716
アクセス:京都市バス「上七軒」停留所より徒歩2分
営業時間:11am-6pm
定休日:水曜日(水曜日が祝日または25日のときは営業、翌日休業日)
http://matsuhiroshoten.com

●北野天満宮

京都の人が親しみを込めて「北野さん」、「天神さん」とよぶ全国天満宮の総本社、北野天満宮です。学問の神様、菅原道真公をお祀りし、一年中、地元の人々や学業成就を願う学生がお参りに訪れます。江戸時代から信仰の場だけでなく、文化発信の地としても機能してきましたが、近年さらに多様なイベントを行い、人々の注目を集めています。

住所:京都市上京区馬喰町 北野天満宮社務所
電話:075-461-0005
アクセス:京都市バス「北野天満宮前」停留所下車すぐ

●上七軒

ここは京都最古の花街です。室町時代に北野天満宮の改修の際に残った用材で七軒のお茶屋を建てたのが始まりです。京都の街中にあるほかの花街に比べると旅行者は少なく静かな街で、石畳の道に沿ってお茶屋と置屋という独特の佇まいの建物が並んでいます。軒先にかかる提灯が花街のしっとりとした雰囲気を醸し出しています。最近はおしゃれなカフェやレストランも増えました。

アクセス:京都市バス「上七軒」停留所下車すぐ

勝見優子/yuko
勝見優子/yuko

日本/京都市認定通訳ガイド/ 歴史のある古い物が大好き。 そして新しいものを生み出す京都の人も。 私と一緒に古くて新しい京都を発見しましょう。ーーーJapan/Interpreter guide certified by Kyoto city/I like historical, old things. And I also like people in Kyoto who create new culture. Why don’t you discover traditional but innovative Kyoto with me?